アイフル 渋谷

場合によっては悪印象

場合によっては悪印象

 

お金を借りるといっても様々な場合があると思います。通常の生活をおくる上でどうしても必要になる」お金、例えば家や車のローンなど多くの人がお金を借りて購入するのがふつうである場合、お金を借りることについてとくに悪印象を持つことはありません。これは多くの人が借りるお金であり、必要だからです。(一括で現金払いするほうが珍しいと思います。)一方で、ギャンブルによる借金など多くの人が借金をしてまで行わないこと、娯楽に対するお金を借りる人にはどうしても悪印象をもってしまいますし、娯楽につかうお金で自らの生活の首を絞めてしまっている点から、自己管理ができない人、信用できない人という印象を持ってしまいます。返せる程度の金額、少しなら大丈夫という考えもあるかもしれませんが、私は1円でも娯楽など通常の生活に必要のない目的でお金を借りる時点でよくない印象を持ってしまいます。1円でも借りてしまうと次は100円、1000円と増えていき、やがて返せない金額になり、雪だるま式に借金が増えていくというドラマみたいかもしれませんが、簡単にお金を借りる人にたいしてそういう印象をもっています。以上より、結局多くの人がお金を借りるシチュエーションなら良し、そうでないなら悪印象というイメージです。

 

生活に困っている人

 

場合によっては悪印象

 

とにかく生活に困ってるイメージがあります。まずは、仕事がないか、低賃金で働いていてお金に困っている人たちです。しかも生活保護を申請しても通らず、国から見れば自力で生活する力があると判断されてしまう。実際は保護費よりもずっと安い給料で、必要な支払いをしたあとの残りのお金でなんとか生活している。それでも間に合わずに借金を借金で返済し、多重債務を抱えることになる。そんな悪循環しか想像できません。基本的には真面目で、家族や友達に頼らずに自己責任で借金、という選択をするのでしょう。他にも、急な出費に間に合わなくて、やむをえずキャッシングを利用する人も居ると思います。こつこつとお金を貯めていればキャッシングも不要ですが、貯金するのは大人になってからでは間に合いません。けれど、いまどきの学生は多くが奨学金制度を利用しています。社会に出たその瞬間から、奨学金という借金の返済に追われるわけです。そのため、お金をためる余力がありません。そうなれば、仕事があるのに借金で生活苦の図式ができあがります。事情があって働けないか低賃金、もしくは学生時代の借金が主な原因で、生活に困り借金やキャッシングを利用するというのが、借金をする人に対するイメージです。