アイフル 渋谷

だらしない

だらしない
お金を借りる人と借りない人のように二種類の人種に分けた場合、どちらを信用するかとなるとお金を借りない人です。あくまでも単純に二択にした場合ですが、多くの人がそう思うのではないでしょうか。そもそもどんな生活にも生活レベルというものがあり、それを逸脱しなければお金を借りなければならないというような状況には陥りません。借りるというからには逸脱しているのです。それがギャンブルや遊び、酒などといった理由となると、もうその人の信用度はゼロになることでしょう。どうしようもないような理由であるならばまだ考える余地がありますが、まあとにかくその人の普段の評価も大きな要素ではないでしょうか。それも知り合いから借りるのか金融業者から借りるのかも大きな要素ですね。金融業者から頻繁にお金を借りるような人もちょっと怖いですね。いずれ返済が追い付かなくなり、自分に金の無心をするようになるかもしれないからです。まあとにかく、お金を借りるというのは相手が誰であれ大きな信用を必要とするのではないでしょうか。

 

消費者金融、親戚への頼み込み

 

だらしない
日常生活において収入と支出のバランスが崩れ、生活レベルを変える気がないからこそ、人からお金を借りる事態を起こすのだと思う。他には、借りても返さなかったり、貸倒しを起こされたりするイメージがある。往々にしてお金を借りる方は、何故借りることになったのかという原因を貸す方に説明することが少ないように思える。私の親戚にも過去に私の父にお金を借りてきた方がいた。私は子供ながらに、さして仲がいいわけでもない親戚が何故我が家に出向き、切迫したような表情をされているのかと見ていた。父に事情を聞いたが、具体的な理由は教えてくれなかったとのことだった。子供でも理由を教えない人にモノを貸すことなどできない。ましてやお金となるとなおさらである。確かにお金を借りることが悪いわけではない。大人になり、借金することはある意味で事業や資産を拡大する上で非常に有効であることは分かってきている。お金を借りることが悪いとするイメージが日本にはあるように感じるが、視点を変えることで良いイメージが醸成されてくるように思う。ただし、借りる理由にポジティブさが無ければ誰も賛同することはないはずだ。