アイフル 渋谷

だらしない人

だらしない人
お金を借りる人は、だらしない人というイメージです。計画性もなくお金を使い、金銭的にも余裕がないからお金を借りなくてはならないんだろうと思います。また、お金を借りなければならないほど困窮していて、仕事も安月給もしくは不安定なのだと思います。お金を借りてまで何かをしたいとか、何かを買いたいとか欲求があるのだとしたら、それは我慢が足りないと思います。我慢をすることもなく、まずは自分の欲求をみたすというのはとても幼稚な気がします。基本的にお金を借りるような人は好きになれません。お近づきにもなりたくない感じです。他人にお金を借りてまで、他人に頭を下げてまで欲しいと願うお金で何をするのか知りたいです。きっとお金を借りる人は、他人にお金を借りることを何とも思っていないのでしょう。人に頭を下げることにも抵抗もなく、タダでできることなら何でもやるといった感じなのではないでしょうか。お金を借りる人は自分にも他人にもだらしない人だと思います。

 

たとえお金を借りても計画的だといいけれど

だらしない人
お金を借りるということはそれほど気軽にできることでないと思います。消費者金融やカードローンなどはコマーシャルなどではできるだけ気軽に誰でも借りることができるようなイメージを作り上げようとしていますがやはり現実には返済していけなければならなく、しかも利子もかなりの割合で払わなければなりません。そういった状況を踏まえて計画的にお金を借りる人なら人それぞれなのでいいのだろうとは思います。しかし、計画的に考えることができればお金はできるだけ借りないほうがいいというのが分かると思います。特に家計の中では借金をしてまで手に入れるものというのは限られていると思います。嗜好品や趣味のもので借金というのは計画的だとは思えません。会社の事業などで規模を大きくする投資資金的にはお金を準備するという意味でそういう計画もあると思いますが、家計にはそういう側面はあまりないように思います。強いて言えば学校に通うためにというのもありますがそれも確実に収入源として回収できるかは保障がないと思います。