アイフル 渋谷

ギャンブルにのめり込んでしまう心の弱い人

ギャンブルにのめり込んでしまう心の弱い人

 

1番イメージするのはギャンブル依存症の人でしょう。一時の興奮、快感を経験してしまったがために、またあの時のような幸せな気持ちになりたい!という一心でお金をつぎ込む。しかし、そう上手くはいかないもの。予定ではもう当たって楽しい気持ちになっているはずなのに、おかしいなと考えながらもどんどんかさむ投資。気づけば生活費、使ってはいけないお金にまで手を出してつぎ込む。これで当たるんだ、大丈夫お金は増えて戻ってくるはず!と意気込むも、気がつけば失った時間と大金。このままでは生活出来ないからとキャッシングでお金を借りてホッとしたのも束の間、そのお金でまたギャンブルにつぎ込んでしまう。当たらない時の苛立ち、不快感、不安な気持ちは忘れ、また意気揚々とギャンブルに投資してしまう。気がつけばキャッシングも大層な額になり、給料では返済出来なくなってしまう所までいくも、一発逆転と意気込み、借りたお金でギャンブル。この負のサイクルになってしまうまでが一連の流れ。自分の気持ちもコントロール出来ないくらいのめり込んでしまう、心の弱い人が多いというイメージ。

 

騙されてる

 

ギャンブルにのめり込んでしまう心の弱い人
お金を借りる人のイメージとしては、何か大きい買い物(住宅や車)をするときや、ギャンブルや浪費癖などで自己管理ができない人がイメージできます。しかし、安易に借金を作るのは愚かなことだと思うので、一番強いイメージとしては「騙されている」というイメージです。詐欺などの犯罪に限らず、しつこい勧誘や営業に押し切られて借金するパターンが想像できます。言い方を変えれば意志の弱い人、他人の意見に流されやすい人、収支計画が立てられない人とも言えるかもしれません。キャッシングで借りなければならない状況で一番最初に思いつくのは、本人が納得している・いないに関わらず、何らかの企業・個人に騙されているのではないかとイメージしました。キャッシングをしてまでお金を作らなければならない状況というのは中々ないと思います。もしキャッシングをするのが普通だという感覚になっている人がいるとすれば、その人は経済的に常に困窮している状態だといえると思います。