アイフル 渋谷

お金を必要とする人

 

お金を必要とする人
お金を借りる人がいて貸す人がいます。借りる人が悪いわけでも、貸す人がいいわけでもありません。借りる人がいい人もいれば、悪い人もいます。貸す人がいい人もいれば、悪い人もいます。今回は借りる人のイメージということですから、借りる人について考えてみます。借りる目的は何かということです。何のために借りるのか?家族と一緒に暮らす家をたてるためにお金を借りるとします。一生懸命働いてお金をためてきました。無駄遣いもせずに友達からの誘いにもまけずに頑張ってきました。これだったらとってもいい人に思いますね。次にどこから借りるのかです。会社をつくる自分で起業するということも、お金を借りるというと思います。実際銀行はこの人のたちのおかげでご飯が食べていけます。銀行、サラ金、知人、親などあります。サラ金から借りる人は悪いイメージがありますね。サラ金自体悪いイメージがありますし、ましてサラ金で働く人のイメージも良くないですね。

 

生活がどうしようもない人が借りる

お金を必要とする人
生活が困窮している人がどうしようもなく、お金を借りるイメージがある。まず社会人一年目で一人暮らしの生活をしている人は大変である。というのも社会人一人で生活すると手取りが16万というのも珍しくない。実家で生活するならまだしも一人暮らしでは家賃と水道光熱費で半分以上がとられる可能性がある。そこから食費や生活費を引くとほぼなくなるというのがふつうである。社会人になると学生時の友達と会うこともあり、もちろん社会人の先輩たちとの付き合いもある。そうなるとちょっとしたことをやりたいと思った時にどうしてもお金が足りなくなる。どうしてもお金が足りない、ほしいという場合にお金を借りてしまうということが絶対的にあると思う。社会人になったらそれなりにお金が入ってくると思っている人は特にそのような事態になることが多いと思う。また、社会人では残業代もみなし残業代で出ないということがある。ただでさえ手取りが少ないから残業で稼ごうと思っている人にとっては残業代が出ないのはとにかくつらい現状である。副業も禁止している会社が多いのでそのような人がしかたなく借りてしまうというようなイメージがある。