アイフル 渋谷

積極的に評価していい借金もある

 

積極的に評価していい借金もある
借金を重ねる人はお金にだらしない人、無計画な人という先入観がありましたが、必ずしもそうではないと考えなおすに至りました。自分と同世代で、数千万規模の借金を抱えている人がいます。そんなに多額の借金がのしかかっているというのに、本人は全く意に介しておらず、その表情からは借金の持つ暗いイメージとは無縁です。これは自分の事業のために銀行などから融資を受けたもので、いわば商売の元手なのだそうです。事業が順調に推移すれば、当然、借入金は返済されて減っていきますし、さらに事業が進展すれば、それに伴って追加の融資を受けるかもしれないとまで言います。そこまでの額の借金ができるということは、銀行も事業計画を有効、返済能力に問題なしと認めたわけですから、信用があるという証拠です。そう考えると借金の額は社会的信用度を示すもの、一概に悪いことだとも言えないでしょう。借金にも前向きのものと、そうでないものがあります。、将来につながっていくような借財であれば、むしろ積極的に評価をしてもいいのかもしれません。

 

金欠

 

積極的に評価していい借金もある
仕事をしているが収入が乏しく、加えて家族、親戚、知り合いなどから財産、生活援助を見込めないような状況下にあり、当分の生計の目処が立たなくなってしまった場合に金融機関から借りる。または、今までどこかの金融機関で金を借りており、その返済期間がすぐ間近に迫ってしまい、返済のために急いで資金を調達しなくてはならなくなったという場合。後は、家や車の購入等大きな金額が動く場合の買い物の際に自分の現在保持している資金では購入金額が不足していて、さらにその商品がなるべく早く自分の所有下にしたいという意思を持っていた際に金融機関、または知り合いが承認すれば借り入れをする。いくつか上げたこれらの例から、私はお金を借りる人は、まず確実に現在保有している資金が不足に感じているという条件が誰にもあてはまると考える。それと同時にお金を充分に持っている人はお金を借りることはないということも思う。あと、私はお金を借りる人はできるのなら本当はお金を借りたくないと考えているとも思う。