アイフル 渋谷

計画性がなく見栄っ張り

計画性がなく見栄っ張り
お金を借りる人のイメージは、何においても非常にだらしがなく、計画性が全くない印象です。その上、身の丈以上の生活の欲求に負けてしまったりと、意志の弱さも感じます。しかし実際は、お金を借りる、と一言で言っても、色々な事情、立場、むしろ責任などからやむを得ないケースも多々あるのでしょうが、一般的に、お金を借りる人のイメージは良くないと思います。とはいえ、日々の生活の中で、カードローンを使用したりするのは、貸す側が企業なだけで、私自身もお金を借りていることと同じなのかな、と思うところもあります。ただ、やはりローンを組むのと、誰かに現金をかりるのでは明らかに違いはあると確信はしています。ただ、知人うや友人にお金を借りた場合、それに対して課した側に利息をつけて返す義務はなく、なんとなく安易で、無責任のような気がします。なのでよほどのことがないかぎり、素人とのお金の貸し借りはしてはいけないんじゃないかと感じています。私の友人でも、確かに貸したお金がかえってこないケースがあったので、そんな人は本当にダメ人間だと思います。

 

計画性をもって借りないと負のスパイラルにはまる

 

計画性がなく見栄っ張り
お金を借りる人といえば、お金がないから借りるのであって、自分の欲求を我慢することができない人のイメージがあります。給料が下がって、こずかいが減ってしまったサラリーマンが、奥さんに言えなくて、遊ぶお金を借金していたり、意外と主婦が、借りたりすることが多いのではと思います。主婦は、自由にできるお金が少ないからです。借金やキャッシングといえば、あまり良いイメージではなく、パチンコなどのギャンブルにはまっている人が、負けを取り戻すために、借金をしてまで、ギャンブルつぎ込むかんじです。そういう人は、負けては借り、負けては借金を繰り返し、負のスパイラルにはまっていくイメージがあります。どの場合にせよお金を借りたら、借りた期間に応じて利子がついて、返済額が増えるということを頭において、返済の計画を立ててから借りるべきです。また、借りた当初、計画していたとおりに、きちんと返済していくことが大切だと思います。