アイフル 渋谷

収入と支出のバランスが崩れた人のイメージが浮かびます。

収入と支出のバランスが崩れた人のイメージが浮かびます。
個人的に借金する場合と、ビジネスで必要な借金と大きく分けて二つあるかと思います。また、個人事業主の場合、個人で使う借金とビジネスで使う借金とが一緒の場合もあるかと思います。共通して言えることは、現状が順風満帆ではないという方々の事を指すかと思います。きちんと働いていても収入が少ない人もいるでしょう。やりくりのために借金をする人もいるかと思います。またきちんとした収入がありながらも、浪費癖があって借金する人もいるでしょう。いずれにせよ、その方々は困っている人たちだと思います。お金の問題はセンシティブな問題ですから、なかなか人に言いだせない人が多いと思います。そうして、一人でその問題を抱えてしまって借金を重ねてしまう人もいるかと思います。タイプ別に見れば、浪費癖がある人、自分の収入と支出をコントロールできない人、またビジネス用で緊急的又は継続的に必要な人がいるかと思います。一つだけいえることは、その生活にバランスをきたしている人たちが、借金をするかと思います。。

 

 

仕事の能力が低い人

収入と支出のバランスが崩れた人のイメージが浮かびます。
奨学金や留学や企業のためといった前向きな理由でお金を借りるのなら良いと思いますが、基本的には良いイメージはありません。女性へのプレゼントのために必死に働いたけれども間に合わず一時的にお金をかりるのならいいけれども、女性に貢ぐためにお金を借りるのは嫌ですね。昔に付き合っていた男性が、仕事で稼ぐ能力が低く、おまけに女性を何人も作って借金、その借金を私のせいにされました。私は貢がせるような高いプレゼントを望んだわけでもないし、むしろ誕生日を忘れられていても怒らなかったのに「私のため」ではなく、「私のせい」にされていたのが、すごく悲しかったです。最悪の思い出ですが、今では人生経験になったと思っています。お金は貯めて使うもの、世の中に回していくものだと思うので、借り続ける人や借金を作ってしまう人の多くはお金の有り難みを分かっているつもりで、分かっていないのではないかと感じます。変な男に出会ったり、1円の重みを分かった今だからこそ言える話です。