アイフル 渋谷

キャシングする人は給料が安定しない人のイメージです

キャシングする人は給料が安定しない人のイメージです
キャシングする人は給料が安定しない人のイメージです。普通の会社員なら給料日が決まっていて、毎月一定の収入が必ずあるはずです。もちろんその仕事内容によって多い少ないはあると思いますが、毎月ある一定の額が想像できていれば、本人の生活レベルを調整することができるので、急にお金が必要になってもキャシングに走ったりすることはないのです。ですからキャシングをする人は給料の額が多かったり少なかったりする人で、生活レベルの調整が難しい人なのではと思います。さらに仕事が毎日なかったりするような人にとってもキャシングをする必要があるのだと思います。例えば天気に左右されるような仕事や日雇い労働など、働きたくても働けない、その結果収入が安定しないという負の連鎖におちいった人などです。もちろんその人たちにすべて原因があるとはいえませんが、そんなときなどは安定しない給料を補てんするキャシングは大変便利なアイテムになることは間違いないのです。

 

人間として信頼できない人なのかもしれないと思う

キャシングする人は給料が安定しない人のイメージです
たとえ、仲良くしていた友人だとしても「お金を貸してほしい」と言われたら、一歩引いてしまいます。家族の間でもお金の貸し借りについては、私はするべきではないと思います。「お金を貸してほしい」という状況はお金について感覚がルーズな人間にしかほぼ起きえないと私は思っています。このご時世、クレジットカードにキャッシング機能がついているのがほとんどですし、ある程度の企業に勤めていれば、そこそこの金額を借り入れることも可能だと思います。またいい年をして貯金がいくらもないということもほぼ考えられません。それらの策をすべて講じたうえで、それでも足りないという状況で「貸してほしい」といったなら、借用期間を定めたとしても、しっかりと返してくれる確証はほぼないと私は感じます。それくらい窮地に追い込まれているんだな、この人は、と正直あきれてしまいます。お金を貸すという行為自体が、まずその人との縁を切るような行為であると私は感じます。