アイフル 渋谷

計画性のない人

計画性のない人
お金を借りる人のイメージと言えば、あればあるだけ使って貯金の出来ない人を想像します。代表的なのがギャンブルをする人です。借金をする人はギャンブルで勝っても負けても、小遣いの範囲で丁度いいところでやめられない人です。勝ってもまたつぎ込んでしまい、負けたら借金してでも取り戻そうとするから小遣いなり生活費なりを現金で持ってれば全然残らないで次の給料前に借りてしまうのでしょう。買い物依存症みたいな人もブランド品など持ち金が無くてもカードなどで高価な物を衝動買いをしてしまうイメージがあります。あと主婦などで、特に高価な物を買うわけでもギャンブルするわけでもなく、理由のある特別の出費がないのに毎月赤字になる人が少しづつカードを使い、返済計画も出来ないのでだんだん借金が増えていくという人のイメージです。要するに計画性がなく使える以上のお金を使ってしまう、使う瞬間に何も気にならない人だと思います。それは収入の高い低いに関係なく借金をしてしまう体質だと思います。

 

だらしがない人、家を買う会社設立等の人

計画性のない人
2つあります。一つは、お金にだらしがない人。自分の収入に見合わない買い物をし、足りなくなればすぐ借りるを繰り返し、結果的に自転車操業に陥る。お金を借りるという事は、身内だろうがキャッシングだろうが相応の覚悟が無いとしてはいけないことだと思います。それを気軽にする=だらしがない と考えます。また金の切れ目が縁の切れ目、というように、お金を借りるという行為はそれまでの良好な関係も崩す事になりかねません。そういうリスクを考えないという事も、だらしがないに値すると思います。結果的にはお金だけでなく、家族友達信頼…失いかねない危険な事だと意識することが大事だと思います。2つ目は、自営業等会社立上げ、家を購入等でお金を借りる事です。これは、自分の新しい未来のための前向きな借金だと思います。ただ、必ず返済できる見通しがないと、だらしがない借金と同じではないかと思います。どうにかなる、なんとかなるでは甘い。返済計画をきちんと立てた上での借金は、未来のための明るい借金と言えるような気がします。