アイフル 渋谷

ギャンブル、怖い、危ない

ギャンブル、怖い、危ない
私がお金を借りる人でまず思い浮かぶのは、パチンコや競馬でお金を使う人ですね。借金してでもギャンブルは止められない、ギャンブル依存症の人とかもイメージがあります。生活に困った人とかもお金借りるのかなと、少しイメージにあります。後は事業で返せる見込みがあってお金を借りるなど、農業などで失敗してお金を返せなくなるとかもあるのではないでしょうか。どうしてもお金が必要と借りる人で、女の人に貢いだりする人もイメージがあります。家族や友達からのお金を借りるならまだマシと思いますが、借金やキャッシングなどは怖い、危ないと思ってしまいます。借金やキャッシングをしたことがないからか、テレビのドラマである借金の取り立てを思い浮かべてしまいます。イメージでは危ない橋を渡っているみたいな感じで、気が抜けないとかスッキリしないイメージもあります。借金したらすぐに返すということが大事と思いますが、なかなかお金を返せない人が多いイメージがあります。

 

だらしない人

ギャンブル、怖い、危ない
お金の管理ができず、だらしない人だと思います。なぜなら収入が少ない場合、節約したり工夫すればお金を借りずに済みます。見栄をはらなければ1か月にかかるお金は少なくて済みます。借りるということはバカ高い金利が付き返す時に、必ず苦労します。切羽つまってるとはいえ、現状でさえ、お金に困ってるのにその状態で借りて、返せる保証があると私には思えません。お金を借りなければいけない人は、稼いでいる金と浪費しているお金のバランスが間違っている人なので、お金にだらしないというより、真剣にお金と向き合っていないと思います。お金は私たちの生き方そのものです。お金を借りる人になった時点で、人生が破滅や搾取の方に引き寄せられます。お金を借りる人の思考は何となく危なっかしくお金と真剣に向き合わないと、返済に苦労し、そこから何でこんなことにと本人もよく分からないまま高い金利を払っていくことになり、恐ろしいと思います。お金に無知ではなく真剣に向き合うべきだと思います